最新のiPhoneが最良のiPhoneではない。 買えないiPhoneよりも買えるiPhoneに変える時代が来た!

先日発売されたiPhone XSシリーズからついにiPhoneの価格が軒並み10万円オーバーという時代がやって来てがやって来てしまいました。

「新しいiPhone出たから買いに行こー」

キャリアショップへ行く

「いらっしゃいませ」

「最新機種のiPhoneください」

「かしこまりました」

最新機種のiPhoneをもらう

「やったー」

という流れですべてが終わりましたがいまは変わりました。

「新しいiPhone出たから買いに行こー」

キャリアショップへ行く

「いらっしゃいませ」

「最新機種のiPhoneください」

「かしこまりました・・・残念ですがお客様の審査が通らず月賦払いでの購入ができません」

いままで使っていたiPhoneを持ってそのまま帰る

「・・・・」

これがこれからのiPhoneです。

高くなり過ぎたiPhone

スマホがあることで生活は便利になりましたがたかが電話に10万円も払う必要があるのか?

正直新しいiPhoneの値段を見てそう思ってしまった人は少なくないでしょう。

iPhoneは電話だけではなくインターネットもできるし写真も動画も撮れる。音楽も聴ける。Apple Payなら支払いにも使えるなど高機能なんだから10万円くらいの値段は妥当だろう。

一台で何役もこなしてくれるiPhoneは確かに素晴らしいです。

でもどんなに素晴らしくても自分が買えなければ意味がありません。

アメリカのアップル本社に勤務しているようなエリートだったら「なんで1000ドルの端末を買えない人がこんなにいるんだい?Why Japanese people?」なんて言ってしまうかもしれません。

しかし買えないものは買えないのです。

最新の機能は本当に欲しい機能ですか?

キャリアショップで門前払いを喰らった人達は落胆の思いと腹立たしい気持ちでおそらく家路についたと思います。

「新しいiPhone XS欲しいな。でも分割払いでは買えないな。一括払いで買っちゃおうかな。どうしようかな。」

おそらくこの思考のループ状態にはまってしまっていると思います。

廉価版として登場が期待されているiPhone XRを待つという選択をした人もいるでしょう。

しかし、そんな人の期待にとどめを刺す一手となるのがiPhone XRも10万円オーバーが確定という事です。

ソフトバンク、iPhone XRの価格発表64GBモデルは10万6560円(税込) 10月16日予約受付開始 (engadget日本版)

さらなる追い打ちで「もはや最新のiPhoneは俺たちを見放したのか….。」とすら感じてしまうでしょう。

しかし、ここで落ち着いて考えてみましょう。

最新のiPhoneに搭載されている機能は本当に10万円を払ってでも欲しい機能ですか?

最新のiPhone XSにはたくさんの機能が搭載されていますがその中で魅力的な機能はいくつあるでしょうか?

以下におもなiPhone XSの機能をまとめてみました。

・ベゼルレスの大画面・・・・デカけりゃいいってもんじゃない

・カメラ性能の向上・・・・もう十分きれいです

・A12 Bionicチップ・・・・違いが分からない

・Face IDによる顔認証・・・・指紋で十分

・バッテリー寿命の向上・・・・交換すれば大丈夫

・デザインの質向上・・・・一目でどのシリーズかもう分からない

これらすべての機能が欲しいという人にとってはiPhone XSを頑張って買うしかありませんが、ほとんどの人は新型という理由だけで欲しくなっているのではないでしょうか?

今の流れは少し前のiPhoneを使うこと

ここ最近ではiPhoneの値段が高くなり過ぎたことで少し前のiPhoneを使い続けてもいいんじゃないかという風潮が出来ています。

古いiPhoneを買ってもいいんじゃない?って言いたい (GIZMODO)

確かに最新のiPhone、素晴らしいです。でも最新じゃなくて何が問題あるのか?

無駄な機能がふんだんに織り込まれた高価な機種を買うよりも、必要な機能が揃った安い機種を買う方が賢い買い物ではありませんか?

実際に私もiPhone 8とiPhone SEの2つを持っていますが恥ずかしながらiPhone 8をまったく使いこなせていません。

むしろiPhone SEの機能があれば十分といったところです。

また、風邪を引いたときにマスクをつける文化のある日本人にとってFace IDというのは全く合わない認証方法です。

ただ、これは海外から見ると相当異様なことのようです。

日本の「マスク文化」は、異様な光景を生み出している コミュニケーションを拒む「断絶」のポートレート (WIRED)

そもそも日本人の中には風邪を引いてなくてもマスクをするというのがあります。

これには賛否があると思いますが変装の一つの手段であったり、人と話すことを拒むためであったりと、本来の目的から少しずれた使われ方をされています。

これを海外から見たら異様と感じることには無理はありませんが、それでもFace IDは風邪を引いた時にはやっぱり不便です。

俺の不細工な顔をいちいちiPhoneに見つめられて認証されるなんて勘弁してくれって思います。

iPhoneだって毎回私の汚い顔を見て認証するの嫌でしょう。

Face IDなんて利用した日にはいつかSiriにもう顔認証勘弁して下さいって言われてしまうかもしれません。

必要な機能がすべて揃ったいまのベストバイは「iPhone 6S」

最新のiPhoneが本当に必要かというのを改めて考えてみるとほとんどの人には必要のない機能が多いはずです。

実は最新機種だからという理由だけで欲しくなっていたけれど今のでも十分と感じる人の方が多いでしょう。

大画面すら不要という方であれば最もおすすめなのはコンパクトで使いやすいiPhone SEです。

しかし、人によっては画面は大きい方がいいという人もいるでしょう。

ベゼルレスがどうしても欲しいという人には無理な話ですが、ベゼルレスではなくてもいいという方であれば最もおすすめなのがiPhone 6Sです。

「iPhone 6Sなんてもう3年も前の機種だろう!そんなに古いの使いたくないよ!!」って言う人もいるかもしれませんが、実際には3年前の機種でも十分現役バリバリで使うことができます。

iPhone XS iPhone 6S
画面サイズ 5.8インチ 4.7インチ
カメラ性能 12メガピクセル 12メガピクセル
チップ A12 A9
認証方法 Face ID Touch ID
バッテリー 2,659mAh 1,715mAh
デザイン ステンレス アルミニウム

総評するとしたら以下のような感じですね。

・画面サイズ・・・・iPhone 6Sの4.7インチなら十分見やすい

・カメラ性能・・・・iPhone 6Sも同じ12メガピクセル

・Aチップ・・・・A12は凄そうだけど普段使いならiPhone 6Sで十分

・認証方法・・・・iPhone 6SのTouch IDはむしろ大歓迎

・バッテリー・・・・iPhone XSは大容量になったけど消耗も早くなっているだけ

・デザイン・・・・iPhone 6Sのアルミの方が高価な素材

見劣りするとしたらバッテリーの容量くらいですが、これはiPhone自体がバッテリーの消耗が早くなった分、待機時間をそのままにするためにやむなくバッテリー容量を多くしたのでしょう。

そして、その分が価格に跳ね返ってしまっているというわけです。

iPhone 6Sを買うならY! mobile(ワイモバイル)


iPhone 6Sでもいいなと思ったら格安スマホのY! mobile(ワイモバイル)で購入することをおすすめします。

その理由はいまならY! mobile(ワイモバイル)でiPhone 6Sの緊急値下げキャンペーンを実施中だからです。

iPhone 6Sの32GBモデルと128GBモデルの2種類が用意されていますが、いまなら64GBモデルなら機種変更で端末料金を実質月500円のお支払で購入することができます。

これによりいまならスマホ代込みで機種変更での月々のお支払が3,218円という格安でiPhone 6Sに乗り換えることができます。

最新のiPhone XSが買えないと嘆いている方は月々500円で購入できるiPhone 6Sを検討する価値は十分にあるでしょう。

iPhone 6Sを緊急値下げ中!この機会を逃したら高くなります → Y! mobile(ワイモバイル) 公式サイト

昔のiPhoneを見直してみよう。・・・それは昔の恋人との再会のようなもの。

最新機種のiPhoneとの新たな出会いというのもいいですが、昔のiPhoneに戻ってみるというのもいいものですよ。

例えていうならば最新のiPhoneはまだ出会ったことのない人との新しい出会いのようですが、昔のiPhoneは以前ずっと付き合っていた恋人との再会のような気分です。

新しいiPhoneは使い方も少し覚えなければなりませんが、それは新しい恋人の性格や癖を覚えていくようなものでいろいろと困ることもあります。

しかし、以前付き合っていた恋人との再会というのはいわば復縁のようなものです。

例えるならこんな感じですね。

あなた:「久しぶり。・・・また会いたくなって戻って来たよ。ごめんな。」

iPhone 6S:「ううん、ずっと待っていたから大丈夫。」

あなた:「また、よろしくな。」

iPhone 6S:「うん。」

最初はぎこちないかもしれませんが、相手の性格や癖も知っているので会えばすぐに分かり合えるように、昔のiPhoneはすぐにあなたの手に馴染むでしょう。

そして居心地の良さを実感したらきっと「やっぱり戻ってきてよかった」と思えるでしょう。

3年ぶりに会う昔の恋人のとの復縁のような出会いなら → Y! mobile(ワイモバイル)公式サイト

以上、最新のiPhoneが最良のiPhoneではない。 買えないiPhoneよりも買えるiPhoneに変える時代が来た!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする