いまさらだけど「SIM(シム)カード」って何なのか分からない。誰か教えて。という人のための記事

スマホの機種変更やドコモやソフトバンクなどのキャリアから格安スマホへ変更する時に、必ずと言っていいほど出てくるのがSIM(シム)カードという言葉です。

スマホ契約時にショップの店員さんが何だかよく分からない説明をしていたことは覚えているけど、よく分からないから「おまかせで」と任せてしまったという人も少なくないでしょう。

毎回同じ携帯会社で機種変更をしている人であれば気にしないかもしれませんが、料金を安くするために別の携帯会社などへ変更する時には、自分で対処しなければならずそこで「???」となってしまいう人もいるでしょう。

「エスアイエムカードって何?」と聞いてしまう人だっているかもしれません。

今回はそんな人のためにSIM(シム)カードについて少しわかりやすく説明していこうと思います。

っで?SIM(シム)カードって何なの?

「SIMカード って一体何なのか早く教えて!」っていう人もいるのでしょうから、まず簡単に説明していしまいます。

まず、みなさんのスマホで使っている機種にはApple(アップル)のiPhone(アイフォン)やSony(ソニー)のXperia(エクスペリア)などがあると思います。

これらはあくまでもスマホ本体のみとなるので、本体だけ手に入れても電話もできなければネットもできません。

(「Wi-Fiなら違うでしょ」という意見はあると思いますがそれは後で説明します)

そして、みなさんそれぞれドコモやソフトバンク、auといった大手キャリア通信会社やワイモバイル、UQモバイルといった格安スマホの通信会社と契約して月々の料金を支払って利用していると思います。

この、ドコモやソフトバンク、そしてワイモバイル、UQモバイルと契約することで初めて通話やネット通信が出来るようになります。

では、どうやってそれぞれの通信会社から、月々の通話やネット通信状態を管理されているのかというと、まさしくそれがSIM(シム)カードの役割なのです。

「もう・・・よく分からなくなりそう。」という人はここでコーヒーブレイクしましょう。

また後でちゃんとおさらいしますよ。

話しをまた戻します。

もう少し具体的に分かりやすくするために、ワイモバイルを例にして話しましょう。

いろんな携帯会社から安いところを比較して、ワイモバイルの料金プランが安いからワイモバイルで契約したいと思ったと仮定します。

ワイモバイルでスマホも一緒に契約すると「機種代」ともうひとつ「月々の通話・通信料金」の契約もすることになります。

機種代はスマホ本体のためワイモバイルは一切関係ありません。

Apple(アップル)やSony(ソニー)の商品を代行して売っているだけです。

ワイモバイルが関係しているのは「月々の通話・通信料金」になります。

ワイモバイルと契約してワイモバイルが「うちの通信回線使っていいよ」と言う代わりに「SIM(シム)カード」を受け取ることになります。

そして、SIM(シム)カードをスマホ本体に挿すとワイモバイルの電波を受信して通話や通信を出来るようになるのです。

・・・・かなり分かりやすく書いたつもりですが分かってもらえましたでしょうか?

SIMロックとかSIMフリーって何なの?

最近ではあまり耳にしなくなりましたが、以前はよく「SIMロック機種」「SIMフリー機種」という言葉を耳にしたと思います。

このSIMロック機種というのは一体どんなことなのかというと、ドコモやソフトバンクなどのキャリアでSIMロック機種を購入した場合、そのドコモやソフトバンクのSIM(シム)カードでしか認識しない(動作しない)ということになります。

つまり、ドコモで購入したSIMロック機種をソフトバンクに乗り換えて使用しようとしても、ソフトバンクのSIMカードを認識しないということです。

これはとても不便ですよね・・・・。

なぜこのようなことをするのかというと、各携帯会社にとってSIMフリーにすることは、契約者離れを加速させてしまうからです。

しかしこれでは利用者側としては携帯会社を選ぶことができず不便でしょうがないですよね。

そこで、2015年総務省が各携帯会社へ「SIMロック解除原則義務化」しました。

これにより、スマホ機種のSIMロックが原則SIMフリーとなったため、スマホ機種をそのままにSIM(シム)カードを差し替えることで簡単に携帯会社の乗り換えができるようになったのです。

2018年現在では基本的に販売されているスマホ機種はSIMフリーの機種となっていますが、キャリアによっては一部SIMロックをかけられているものもあります。

基本的にはSIMロック解除の手続きを行えばSIMフリーとして利用できるようになりますが、機種によってはSIMロック解除に対応していないものもあるので、各キャリアで確認をした方が良いでしょう。

SIMロック解除(ドコモ)

SIMロック解除(ソフトバンク)

「よし!SIM(シム)カード契約しよう!」の前にサイズをチェック!!

「よっしゃ!SIM(シム)カードなんとなく理解した!SIM(シム)カード契約するか!!」となる前に、SIM(シム)カードにはサイズによって種類があることも知っておきましょう。

これを間違えるとスマホやタブレットなどの本体に挿すことが出来ず、使い物にならないなんてことになってしまいますのでぜひ知っておきましょう。

SIMカードには標準SIM、micro SIM(マイクロシム)、nano SIM(ナノシム)という3種類があります。

「俺は大きい方が好きだから標準、私は小さいのがいいからnanoにする」と、これらのSIM(シム)カードのサイズは好きなもの選べばいいということではありません。

このSIMカードのサイズは利用する機種に対応して選ぶ必要があります。

たとえばiPhoneやiPad(iPad mini含む)であればnano SIM(ナノシム)が対応となります。

標準SIM、micro SIM(マイクロシム)は利用することができません。

おそらく最新の機種はほぼnano SIM(ナノシム)と言っていいでしょう。

少し前の機種で言うとASUSのZenFone3などはmicro SIM(マイクロシム)対応となっています。

また、SonyのXperia(エクスペリア)Z2などもmicro SIM(マイクロシム)対応となっています。

最後に標準SIM(シム)ですが、ここ最近の機種ではほぼ対応しているモノはありませんね。

Wi-Fiだけの利用でもSIM(シム)カードは必要なの?


 最後に、Wi-Fi(ワイファイ)だけの利用でもSIM(シム)カードは必要なのか?

結論から言えば不要です。

正確に言えば利用できる事が制限されますがネットを見るだけなどはできます。

当然YouTube(ユーチューブ)などを見ることはできますし、スマホのゲームなどもWi-Fiの繋がる環境であれば可能です。

ただし、LINE(ライン)などSIM(シム)カードを認識するアプリなどは利用できなくなります。

また、SIM(シム)カードが無いことで通話やメールなどの機能も使うことが出来なくなります。

ただし、ネットを見たりカメラで写真を撮ったりということはできるので、SIMカードが無くなることで全く使い物にならないということはありません。

また、SIM(シム)カード無しとなれば当然月々の通話・通信料金の支払いも無くなります。

契約解除して使わなくなったけど機能が充実しているスマホ本体はWi-Fiだけの利用で有効活用することも可能ですよ。

以上、いまさらだけど「SIM(シム)カード」って何なのか分からない。誰か教えて。という人のための記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする